ソフトロン SP

ソフトロン SP

耐熱性・剛性を向上し、車輌パーツ材料に適したPPフォーム

ソフトロンNFの耐熱性と剛性をさらに向上させた高機能なPPフォーム。
120℃の高温下でも寸法形状の変化が少なく、真空成型による深絞りが可能。

ソフトロンSPの特徴

  • ポリプロピレン(PP)樹脂による高い耐熱性

  • 引張強さ・伸び・引裂強さなど機械的強度に優れている

  • ソフトロンの高い基本性能を維持

熱成型性

耐熱性が高いポリプロピレン樹脂が成型時の高温に耐えられるため、高い深絞り性を発揮します。

真空成型

真空成型テスト動画

ソフトロンSPの熱成型評価(真空成型) 再生ボタン

※クリックするとYouTubeサイトに移動します

ソフトロンを加熱軟化させた後、シートを金型に密着させて真空引きすることで熱成型品を取り出す手法です。

成型絞り比

成型絞り比

真空成型後

真空成型後

成型絞り比(H/D)とは

真空成型をする型の直径(D)に対してどれだけ高く(H)絞れたかという指標を示します。

測定方法:積水法

発泡体を所定温度に加熱を行った後に炉から取り出し、高さが異なるカップ型に真空成型します。

耐熱性

高い耐熱性を有するポリプロピレン(PP)樹脂が、高温領域でも寸法変化がほとんど発生しません。

真空成型

成型絞り比

加熱寸法変化率とは

発泡体に外力をかけず、加熱して各温度下で発泡体がどの程度寸法変化するかを表わすものです。ポリエチレンフォームは80℃を越えると左図のように変形が起こるに対して、ポリプロピレンフォームは140℃でも面積変化率が3%以下と耐熱性に優れます。

測定方法:JIS K 6767に準ずる

所定の温度に、10分間加熱を行った後に取り出し、常温下で1時間放置し、加熱前後の寸法変化を測定しています。

用途

自動車内装成型用途 120℃の高い温度でも寸法変化が少なく、深絞り加工が可能です。

  • PPフォーム
  • 表皮ラミネート
  • 真空成型
  • 用途事例

ソフトロンSPの用途事例

  • ドアトリム
  • インストルメントパネル
  • フロアシート
  • シートバック、etc.
  • 包装品
  • スポーツ雑貨、etc.
  • PTCヒーターハーネスダッシュボード

    PTCヒーターハーネスダッシュボード

  • PTCヒーターハーネス

    PTCヒーターハーネス

  • 車載カメラ

    車載カメラ

  • 果物の保護トレイ

    果物の保護トレイ

CONTACT

積水化学工業株式会社

高機能プラスチックスカンパニー フォーム事業部

  • 当事業部では一般への小売は行っておりません。ご了承下さい。

  • 電子メールでのお問い合わせは24時間受付しておりますが、お問い合わせへの対応は営業時間内とさせていただきます。