Translucent technology 光透過技術

光表示ディスプレイに心地よい触感を。
好触感+半透明フォームが従来の内装デザインを刷新します。

    • 近年の自動車内装

      • 運転の阻害とならないためのデザイン&材料

    自動車の内装トレンドは日々変化し続けています。
    「自動運転」がもたらす、内装ニーズの変化にアンテナを向けています。

    一昔前までは、自動車の内装は「運転の邪魔にならない」ことが最優先であり、
    ・窓ガラスに反射しない色であること
    ・汚れが見えにくいこと
    などの「減点法的な」性能の付与が求められていました。

    しかし、今日では内装で「車種のグレード分け」を行っています。
    高級車グレードには高級志向の内装を施すようになり、内装材料にも
    ・見栄えが良くなるような成形性
    ・包み込むような心地よい触感
    などの「付加価値を創造する」製品が求められるようになってきました。

    • セキスイが描く近未来の内装

      • 快適性&デザイン性の向上に向けた変化が発生

    完全自動運転(レベル5)に到達した時の内装。
    それはきっと「テクノロジーと快適性を両立した室内空間」です。

    2020年代には自動車の完全自動運転(レベル5)が実現される事でしょう。
    その時、自動車という乗り物は
    ・「動かす乗り物」から「目的地へ運んでくれる空間」へ
    ・そして「運転手」は「座るゲスト」へ
    と今までには無い価値観の変化をもたらすと言われております。

    「座るゲスト」がより快適な空間を楽しむには、
    自動車内装は今まで以上に「五感で楽しませるモノ」になると同時に、
    触感的にも視覚的にも新しい、新たなテクノロジーが必要になってきます。

    セキスイはそのような未来を想像し、実現させるために
    様々な自動車メーカーと意見交換しながら新たな商品開発を進めています。

    • セキスイの高触感・透過モジュール提案

      • 好触感フォームが光透過デザインの
        価値向上を実現します

    自動車内装の快適性を常に提供してきた、セキスイのフォーム。
    次は光ディスプレイの上で、新たなモジュールを実現します。

    セキスイのソフトロンSPはインストゥルメンタルパネルや
    ドアトリムに施された表皮材の裏側に用いられており、
    「軽量で、薄いけれども、心地よい触感」を付与する材料として
    数多くの車種に搭載されてきました。

    セキスイは、新たな内装付加価値向上のために、
    自動車内装の厳しい基準をクリアしつつも
    「光表示を損なわず、心地よい触感を付与するフォーム」を開発しています。
    これは、未来の自動車内装材料としても、光表示材料としても
    全く新しいデザインアプローチを実現する材料の可能性を秘めています。

CONTACT

積水化学工業株式会社

高機能プラスチックスカンパニー フォーム事業部

  • 当事業部では一般への小売は行っておりません。ご了承下さい。

  • 電子メールでのお問い合わせは24時間受付しておりますが、お問い合わせへの対応は営業時間内とさせていただきます。