FLAMMABILITY 難燃技術

UL94・自動車内装・世界の鉄道車輌、そしてついに航空機へ。
セキスイの難燃技術は常に進化していきます。

  • UL94における燃焼試験の性能比較と試験イメージ図

    • 固体プラスチック材料

      • グレード熱焼性
        UL94HB遅燃性
        UL94V-2難燃性
        UL94V-1難燃性
        UL94V-0難燃性
        UL945VB難燃性
        UL945VA難燃性

        低い

        高い

    • 発泡材料

      • グレード熱焼性
        UL94HBF遅燃性
        UL94HF-2難燃性
        UL94HF-1難燃性

        低い

        高い

    様々な用途で日々高まる難燃性への要求。
    用途はもちろん、難燃規格や使う材質によって要求性能が異なります。

    今日、ヒトやモノの近くに使われる材料には「燃えにくい」もしくは「燃えない」性質が求められてきました。「難燃・不燃」への要望が、それぞれの用途や市場において独自の難燃規格を生み出してきました。

    例えば、アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.: UL)が策定する製品安全規格であるUL規格には、プラスチックの燃焼性を測定するための「UL94」という規格が存在し、非常に多くの産業で代表的な指針とされております。

    • ソフトロンFRーNDの難燃性能

      • グレード燃焼試験方法
        UL94 HF-1FMVSS 302鉄道車輌
        #3002
        # 3003
        # 3004◎ 難燃焼
        # 3005◎ 難燃焼

        ◎:認定 ○:相当品

    • Thermobreakの難燃性能

      対応している燃焼規格一覧

      • 規制試験方法測定厚み
        基準地域
        EN 45545-2欧州ISO 5658
        Part2
        Flame Spread
        (燃焼速度)
        25mm
        ISO 5659
        Part2
        Smoke Density &
        Toxicity
        (発煙濃度&毒性)
        12mm
        &25mm
        ISO 5660
        Part1
        Thermal conductivity
        (発熱率)
        25mm
        英国BS 476
        Part 6 & 7
        Flammability
        (燃焼性)
        12mm
        &25mm
        BS 6853
        Annex B2
        BS 6853 Annex B2
        (発煙毒性)
        10mm
        NFPA 130米国ASTM E162ASTM E162
        (発煙濃度)
        12mm
        ASTM E662ASTM E662
        (発煙毒性)
        12mm
        PRIIABBS 7239BSS 7239
        (発煙毒性)
        10mm

    「燃えやすい」を、「燃えにくい」に。
    セキスイのフォームは改良を続け、多くの産業で採用され続けています。

    通常、プラスチック材料を「燃えにくく」するためには①燃えにくい樹脂を用いる、②燃えにくくする成分を添加する、という2つの方法に分かれます。セキスイのポリオレフィンフォームは長い歴史の中で、日々高まる「燃えにくい材料」のニーズに応えるべく開発を続けてきました。

    その結果、今日ではUL94規格をはじめ、車輌内装材料において必要とされるFMVSS302規格、世界各国で異なる鉄道用難燃規格などに対応する製品を開発し世界各地で使用されております。

    • 開発品SoftlonLHRは航空機内装の代表的な要求規格をクリア

      • 要求規格試験方法SoftlonLHR
        低発熱性FAR25.853(d)App.FPart IVPass
        60秒垂直燃焼FAR25.853(a)App.FPart IPass
        12秒垂直燃焼FAR25.853(a)App.FPart IPass
        煙密度FAR25.853(a)App.FPart VPass
        毒性BSS7239/AITM3.0005Pass

        ※厚さ9mm以下

    次の時代を見据え、厳しい航空機の難燃規格に挑戦。
    「燃えにくい」だけではダメ。見えてきたのは「低発熱性」という新たな技術。

    世界経済及び新興国の人口増加により、運航機体数は伸び続けると言われております。同時に、航空機には高度な技術が結集しており、一つ一つの材料に求められる性能も非常に高くなっています。

    航空機に用いられる材料には、火(Fire)、煙(Smoke)や毒性(Toxicity)に関して厳しく規格化されており、これらを合わせて「FST性能」と呼ばれます。さらに航空機の内装には燃焼時の「低発熱性」という特殊な性能が必要になります。

    セキスイはこれらの厳しい基準をクリアすべく研究を重ね、汎用樹脂を用いたフォーム材としては世界最高レベルの低発熱性を持ったフォームの実現に成功いたしました。今後は、航空機における座席や壁・天井、ギャレーなどにおける緩衝・断熱材として早期展開を図ると共に、船舶・建築分野などへの市場展開も進めていきます。

CONTACT

積水化学工業株式会社

高機能プラスチックスカンパニー フォーム事業部

  • 当事業部では一般への小売は行っておりません。ご了承下さい。

  • 電子メールでのお問い合わせは24時間受付しておりますが、お問い合わせへの対応は営業時間内とさせていただきます。